BAR72

ゴルフスクール通わなくてもスコアアップ - 初心者に役立つヒント満載のゴルフブログ -

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

パットアウト - PUTT OUT - 気持ちいいパター練習グッズ

ここのところ秋の長雨が続いていますが、こういう時は読書かパター練習に限ります。これまで、部屋の通路で巡目・逆目が練習できる細長いパターマットを使って練習していたのですが、一昨日ykと世田谷ヴィクトリアをブラブラしていたときに目にした練習グッズがなんとも良さそうだったので、Amazonで注文。(ヴィクトリアさんはちょっと高かったのでごめんなさい)早速届きました。パッケージやロゴデザインが、思いっきりTitleist...

 21, 2017   2
Category  レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ウッドシャフトが揃うとちょっと恥ずかしい

1W、5W、7W、どれもレジーロ2。こういう状態、何にも考えてないっぽくてほんとは好きではありません。でも、考えて考えて、試して試して、今この状態。何にも考えずに、「レジーロあってる気がするから全部これでいいやー」、でも、同じ結果に至ってしまう。そういう話は、好き。紆余曲折、急がば回れ、を経験するのと、直線的にショートカットするのでは、世界観が異なります。ちなみにシャフトは同じシリーズですが、ヘッドは別...

 21, 2017   0
Category  雑談G

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ゴルフに対する古臭い偏見とかの話

USTマミヤのフィッターさんと、アッタスパンチの黄色いシャフトに限らず、なんでこんなにカラフルなの?もっとシンプルにしてほしいっていう、マーケティング上、目立たねば生きていけない悲しい性な話から、なんだかクラブもどんどん変なの出て来ますよね、業界のみなさん、自分で自分の首絞めてませんか?趣味嗜好を細分化させたら爆発的ヒットって生まれなくなるでしょ、ロングテールはメーカーさんにとってはツライですよね、...

 21, 2017   0
Category  雑談G

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

究極のドライバー 【その10】 スイング変えたらクラブも変えなきゃ

大丸FUSOさんにてUSTマミヤのフィッティング、11:00からのトップバッターで臨みました。頼んでいたSYB614-7Wのリシャフト、バシレウス・レジーロ2-75X(元々V-STEELに挿したやつ)で仕上げてもらいましたが、なにしろこの200ydちょいの距離を狙うクラブが悩みの種ということで、その相談がメインでした。が、D0バランスでやや軽いものの、ダフらないおかげで左ヒッカケもないし、とにかく構えやすくて気負わずに振れるのでミスが少...

 20, 2017   6

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

第2回ガンブルー処理 失敗だけど、いい感じ。

ミルズパターで試したガンブルー。うまくいかなかったものの、かえって味があるとの見方で、そのまま採用。BUCHIのノーメッキウェッジに鉛を貼って満悦なところにykとやり取りしていたら、急に「ウェッジもガンブルーにしてみよう」と思い立ったのでやってみました。決して正しい手順ではない。どちらかといえばやってはいけない手順。なにせ2度とも木目のようにムラができたので完全に失敗作。しかしながらなんだか人間味溢れるパ...

 20, 2017   2
Category  雑談G

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BUCHIウェッジに鉛+

2~5gくらいまで、ヒール寄り、トゥ寄り、真ん中、バックフェース上部下部、打っては剥がし、打っては剥がし・・・幾度も試行錯誤しながら、ようやく決まりました。鉛の位置、大きさ。羊の顔が隠れますが仕方ありません。錆びずに済むので喜んでくれることでしょう。斜めに貼ってあるように見えますが、フェースのスコアライン基準ではほぼ平行、それに意味があるわけではなさそうですが、なんとなく、おまじないです。最初から303...

 19, 2017   2
Category  雑談G

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BUCHI 丸顔のサンドウェッジを完全オーダー

大丸FUSOにお願いしていたBUCHIのオーダーウェッジが仕上がりました。前回のオーダーも57度のサンドウェッジでしたが、今回はバンスを3度減らしています。BUCHIのMT201をベースに、田淵氏に研磨を依頼。徐々に錆びていく様を愛でるプロ・上級者を気取るべく、ノーメッキ。9月6日発注で10月18日仕上がり、制作日数は42日間でした。28000円(税別)。安い。姫路の研磨師に自分好みのシェイプに削ってもらってこの値段は本当に安いと...

 18, 2017   2

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

KZGのフェアウェイウッドとか

SYBのフェアウェイウッドを紹介したので、ついでにもうひとつ、懐かしの名器を。KZG CHⅡ昔はティーオリーヴでもKZGを扱っていたので、どのシャフトと組み合わせるか、さんざん悩んでいろいろ試したものです。総合点でSYBにはちょっと及ばない感じですが、構えやすく、球をよく拾ってくれます。KZGはウェッジやアイアンもカッコよかったですね。CHⅢなんて後継モデルが出ていたとは知りませんでした。カラーリングがグレーだと、それ...

 17, 2017   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

SYB VESPO FC-614 7W

フェアウェイウッドの名器といえば、必ず名前が挙がるであろう、SYB614です。NS950FW(X)が挿さっている中古を2200円で落札しました。正式にはVESPOシリーズの一員です。AM355ステンレスはいわゆるマレージング鋼でしょうか。ライ角フラット、フェース角オープン、重心距離短め、通からの人気衰えぬ理由がわかります。7Wにしては大きめのヘッドですが、とにかくカタチがいい。少し前にトライしたVスチールもシャープなよい顔つき...

 17, 2017   3

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

究極のドライバー 【その9】 jBEAM>EPON が明白すぎる

◇ HeadjBEAM FX BM-435 *CRAZY-ModelLoft 9.8°/ 45.50inch / 313.5g / Balance D2W.T. = Heel 6g / Toe 3g / BackFace 1.5g◇ ShaftBasileus Zaffiro2 60 S65g / Torque 2.8 / TC 0.49 / CB 0.50やっぱりグリップをG400 VD・ラバー(バックラインあり)に替えました。究極のドライバー、完成です。FA値がややプラスなのでしょうか、少しかぶって見えます。フィッターさんらによれば、みんな逃げ顔を好むけど、実際jBEAMでフェースが...

 16, 2017   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

究極のドライバー 【その8】 いよいよ初対決、至高vs究極

ブルーグリーンの Zaffiro2 を挿した究極のドライバー jBEAM(Crazy)435レッドオレンジの Leggero2 を挿した至高のドライバー Technity415いよいよ初対決、ロッテ葛西で打ってきました。jBEAM(Crazy)435はグリップのバックラインなしだとか、そもそも調子が今ひとつで飛ばないとか、あまり比較に適した感じではないのですが、とにかく、新スイングと旧スイングの両方を、両ドライバーで試して、対決はもとより、今後の方針を固...

 15, 2017   2

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

究極のドライバー 【その7】 ウェイト配分で振りやすさを追求

シャフトを挿した状態で303g、目標315gで、ここからどのように3ヵ所のウェイトを配分していくかを試打しながら定めていきます。プロからあらためて新スイングについて教わりつつも、疑問や理解できていないところの議論を重ね、結局、言ってることはわかっても体現できないまま。モヤモヤとしつつも、1g単位のウェイトをあーでもないこーでもないといじくりまわして、「あ、これ振りやすい!」というところで、見ているプロも、ク...

 15, 2017   2

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

いつも悩んで買わずの iliac ヘッドカバー

ウッドもパターも新たな武器を手に入れたので、ヘッドカバーも衣替えしたくなります。iliacが得意とするフォルムが好きなのですが、それなりのお値段なのと、Standardを手に入れても芸がないなぁ・・・とつい感じてしまって、いつもサイトを眺めるだけで終わってしまいます。いまはスコットランド・ゴルフ旅の際に調達してきた、PrestwickとNorthBerwickを使っていますが、パターカバーはそろそろ表皮が剥がれ始めているので、とり...

 14, 2017   2
Category  雑談G

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ヘッドの重心角を知っておこう

葛飾で教わったスイング。飛ばしと方向性の両方を手に入れたいなら、これを覚えなさい、と。ダウンスイングでインパクト直前15cmまではヒールスピードを重視し、インパクトゾーンの30cmでトゥスピードをUPさせる。意図的に手でこねるのではなく、フィニッシュに向けて自然とヘッド重心角に従って振り抜こうとすれば、ヘッドは勝手に返ってくれる。ヘッドやシャフトのもつ特性を活かせばいいのに、なんでも自分の力でテクニックでク...

 13, 2017   0
Category  レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

究極のドライバー 【その6】 飛ばすためのスイング

この2枚の写真では雑然とした工房に感じますが、葛飾のフィッティングスタジオZEROは場所柄もあって敷地が広く、ミーティングスペースやフィッティングルーム、パターフィッティング用の別施設があるなど、かなりしっかりとした工房です。まず、ティーチングプロ佐藤氏が、何を目標にどんなスイングを目指すのかを本人と擦り合わせながら、フィッティングといいつつ軽くレッスンを交えながら、今後取り組むべきスイングを身体に沁...

 12, 2017   3

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

T.P.ミルズに初めてのガンブルー処理、一発勝負!

午前中にガンブルー液その他諸々の道具たちがamazonから届き、昼間葛飾へフィッティングへ行ってから、夕方作業開始。今日は早朝から仕事して11時にはゴルフモード突入。先ほどようやく作業終わって、中途半端でムラのある仕上げに凹みながらも、これはこれで味わいだなぁ・・・と、これからガンブルー祝いのビールを買いにいくところ。ビニールテープでマスキングして、スポンジみたいな筆を使ってガンブルー液を塗布していったの...

 12, 2017   2
Category  雑談G

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

パターのガンブルー加工を自分でやってみよう

せっかく手に入れたカスタム・ミルズ、どうせなら自分の手でガンブルー処理してみようと一念発起。ガンブルー液からスポンジからスチールウールから、amazonで注文して、明日到着したら作業してみようと思います。その前に、下地処理が大事ということで、できる限りサビを取り除き、滑らかな鏡面を目指して磨き上げます。マイクロファイバークロスも明日届く予定なので、今日のところはサビ取りのみ。ひたすらこすり上げること1時...

 11, 2017   0
Category  雑談G

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

究極のドライバー 【その5】 コンセンサス

Happy Gilmore 助走つけて400yd映画のギルモアじゃないけれど、飛ぶと人が集まる。うまいゴルフより、飛ぶドライバーのほうが話題になる。昔からベスグロというのは別世界の人が取るものというか、なんかシラケるんですよね。うまいなぁ、すごいなぁ、とか言われつつも、だんだんと孤独な世界へ。社長は孤独、っていうのと似てる。一方、100切れるか切れないかみたいな若造が取るドラコンのほうが、コンペルームが沸く。主任が社長...

 10, 2017   0